会社沿革

1970
動力伝達用軸継手の専門メーカーとして


福岡県直方市知古に設立 資本金 500万円

1973
現在地、明神工業団地に新工場建設
1974
新工場にて全面操業開始
1975
大阪営業所(新大阪)続いて東京営業所(蒲田)を設置
1980
日本海事協会(NK)の認定書取得 後に以下の船級の認定書取得


運輸省海運局(JG)


英国船級(LR)


仏国船級(BV)


米国船級(ABS)


ノルウェー船級(NV)


韓国船級(KR)

1981
NTTによる生産管理用コンピューターを導入


事務の自動化をはかる


事業の発展にともない生産ラインの拡充を計るため以後自動化各種機械を導入

1990
NTTデータ通信株式会社と協同で統合生産管理システムを導入-CIM
1991
横河ヒューレットパッカード社製のCADシステムMe-10を設置
1994
原子炉制御棒駆動用カップリング製造納入
1995
振動、衝撃吸収用としてバレルスプリングカップリングを開発し世界7カ国で特許取得


(日本、ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ、韓国、台湾)

1996
資本金 1050万円とする
1998
NTTデータ通信株式会社による次世代統合生産管理システムにレベルアップする
2000
パナマ運河電車用ギヤカップリング 納入
2002
資本金 1550万円に増資


新製品 SDカップリング(特許3179435)発売

2004
超低床電車に急傾斜型ギヤカップリング採用


NSL弾性カップリング(特許)発売

2007
元気なモノつくり 中小企業300社経済産業省受賞


本社 管理等・第2工場新設